HDDレコーダー選びについて

HDDレコーダーを選ぶ時には、HDDレコーダーの規格や機能で選択するようになります。HDDレコーダーの規格は大きく分けて2つあります。HDDレコーダーの製品では、記録媒体がHDDのみの製品がほとんどないようになっていて、一般的にはHDDレコーダーにDVDレコーダーやブルーレイレコーダーが搭載されています。搭載されているDVDレコーダーやブルーレイレコーダーによって、記録する容量に大きな差が生じるようになっています。そのため地上デジタル放送へテレビが完全に移行した今日では、ハイビジョン映像の番組が増えてきていますので、大容量の記録媒体が必要になります。ハイビジョン映像はとてもキレイな画像であることで、データ容量も大きくなっていますので、長い時間のハイビジョン映像をDVDディスクへ保存することが難しくなっています。ブルーレイディスクは次世代の光ディスクになり、ディスク容量はDVDの約5倍になっています。そのためハイビジョン映像を余裕で保存することができるようになっています。このような状況になりますので、今日ではブルーレイ・HDDレコーダーが急速に普及しています。

HDDレコーダーには各メーカーや機種によってさまざまな機能が付いていますので、その機能をよく理解してHDDレコーダーを選ぶようになります。HDDレコーダーの機能では各メーカーの独自の機能がありますので、視聴者の希望に応じた製品を見つけていくようになります。たとえば画像の品質があります。画像の品質は各メーカーでさまざまな基準でよい画像の品質を確保しています。そのため画像の品質が良いや悪いということではなく、画像の品質は各メーカーの特徴になりますので、視聴者の好みで選択するようになります。各メーカーの画像の特徴では色彩の表現力をリッチに高めている製品があったり、階調表現に優れた表示能力が高い製品があったりします。また映像を映し出すテレビに合わせた機能を持っている製品があり、旧式のテレビでも新型のテレビと同等の画質を確保しているようになっています。

>>> HDDレコーダーをバッファローのサイトで探す